FC2ブログ

2014年4月 実績報告 No.4

DH 201404003

要請内容別の実績です。ほぼ外傷での要請となっています。
スポンサーサイト



2014年4月 実績報告 No.3

DH 201404002

搬送先病院別の実績です。約8割が基地病院へのUターン搬送になっています。

2014年4月 実績報告 No.2

DH 201404004

消防別の運航実績です。今年度も比企広域消防からの要請が多い傾向にあります。

2014年4月 実績報告 No.1

DH 201404001

2014年4月のドクターヘリ運航実績を報告します。

プレホスピタルの止血について

病院前の活動において、重要な処置があります。

外傷においては、止血です。

標準化コースで知られるJPTEC、JATECにおいても直接圧迫止血が基本です。

しかし、救急隊によっては駆血をまず行うことがあります。

もちろん、直接圧迫によりコントロール不能の出血であれば、短時間の駆血は仕方が無いですが、ほとんどが直接圧迫で可能です。

特にエスマルヒを用いた(出血よりも中枢側の)駆血は駆血の圧により効果が変わることを知っておくべきです。

動脈圧を上回る圧で駆血すれば、止血できますが、その間駆血部より末梢は阻血状態です。不可逆的な障害を起こす可能性が高いです。
それでは、ちょっと緩めに・・・と思うかもしれませんが、動脈圧を下回り、静脈圧を上回る圧で駆血した場合、静脈還流障害を起こします。動脈からは出血が持続し、静脈は鬱滞し静脈からの出血は増長されると考えられます。

病院前での直接圧迫には抵抗があると思いますが、大きな開放創を伴う損傷の場合、最初に駆血を行うのではなく、創部にガーゼをつめ、その上からエスマルヒを巻くこと方が有効です。

ドクターヘリでの活動においては、当然ピンポイントの止血を試みますが、あくまでも応急処置がメインであり現場で時間をかけることは行いません。携行資機材にある自着性包帯を用いて、創部の圧迫を試み、圧迫後は出血の状態、末梢血流の状態を確認しながら搬送します。
プロフィール

golgo99

Author:golgo99
SMCフライトドクタースタッフ ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR